1. 大阪のシェアオフィスならシゴトバBASEのホーム > 
  2. COLLABORATION > 
  3. ウエディングムービーを空撮で!

シゴトバBASEから生まれたコラボレーション実績

ウエディングムービーを空撮で!の画像

2017.05.30

山内 弘毅×我妻 謙次

ウエディングムービーを空撮で!

我妻さん(ドローン検定・ドローン航空学校)が、ウェディング映像の空撮シーンを担当し、ウエディングプランナーの山内さん(Re Planning)とコラボレーションしました。

 

<コラボレーションの経緯>

(山内)まず、僕たちの出会いは、我妻さんが映像会社の営業マンだったころに始まります。映像会社自体が他社には無いクオリティで、僕はすぐに惚れ込んでおつきあいさせて頂きました。我妻さんのつくる映像が好きだったんです。そのうち営業窓口だった彼が自らカメラを回すようになり、わがままなお客様、わがままなプランナーに「No!」と言うこと無く素敵な作品を提供してくれました。彼が映像会社から独立することとなり、ドローン(空撮)という新しい分野も含め、今後のお仕事の依頼は我妻さんに!というのは自然の流れでしたね。

やはり、僕たちフリーランスは映像会社の看板で決めるのではなく、カメラマンの人柄や作品から出る個性で決めるので。

初めてコラボした案件は、滋賀県の旧琵琶湖ホテル(現:大津館)の再生プロジェクトでしたね。こんなプロジェクトがあるんだよーと声をかけてみたら、二つ返事で駆けつけてくれたんです。その時初めて僕もドローン空撮の様子をみました。また、2月には沖縄でのウエディングに我妻さんに同行してもらいました。空撮シーン、これがあるのとないのとでは映像の迫力が全然違うんですよ。

 

<コラボレーションした感想は?>

(我妻)今まで、空からの映像がなかったところにドローンという新たな道具(機材)の投入で、安易に可能になったので、映像のクオリティが上げることができるようになり、また差別化ができるなと思いました。

また、山内さんは沖縄にも行かれてるので、やはりロケーションの良いところで空撮をもっと取り入れたら、新郎新婦様でも喜ばれるだろうなと思いましたね。一生に一度の事(結婚)ですので、時代の最先端を映像に残しておくことに対して、素晴らしい提案だと思い、賛同させていただきました。

山内さんとコラボしてよかったのは、沖縄に頻繁に行けるようになったことですかね(笑)でも、山内さんと仕事していることが一番よかったというか、いいことです。本当に楽しいんですよ。

 

<今後どんなコラボレーションができる可能性がありますか?>

(山内)ウェディングプランナーの立場から言うと、パンフレットや名刺、オリジナル招待状をデザインしてくれるようなデザイナーさんや、スチール写真、会場内全体をプロデュースしてくれる空間ディレクターの方・・などですかね。

(我妻)多岐に渡ると思います。現状としては、自動車学校・フットサルコート・建築関係(主に測量)・ソーラーパネル点検等とのコラボしています。企業CMや施設案内(俯瞰)など、各種宣伝PVのインサートとしての空撮動画・写真はドローンの需要がありますね。まだまだ成長段階のドローン産業なので、単に飛ばすだけでなく災害救助活動や輸送などこれからもどんどんコラボできる可能性はあると思います。

 

<スタッフより>

お話を聞く中からも、お二人の人柄の良さやお互いに対する思いやりが伝わってきました。また、コラボしてよかったのが一緒に仕事していることが楽しいということなのが素敵ですね。

ドローン撮影によって手持ちのカメラでは撮影できないような視点から結婚式を撮影しています。空から撮られた沖縄の海は本当にダイナミックです。人生で一度しかないであろう結婚式、素敵な思い出として残ること間違いなし、な映像です。ぜひご覧になってみてください。