1. 大阪のシェアオフィスならシゴトバBASEのホーム > 
  2. USER > 
  3. 南 大成

USER

南 大成の写真

管理会社が常駐して安心。
立地やサービス共にコスパが高い!!

南 大成|HIRONARI MINAMI
HIROMINAMI.DESIGN 代表

2006 年 Sheffield Hallam University, Product Design (英)卒業
2007 年 (株)ハーズ実験デザイン研究所/ METAPHYS 入社
2010 年 HIROMINAMI.DESIGN として独立。
2014 年 合同会社アルルカンプロダクトを設立

HIROMINAMI.DESIGN スタッフの的野氏は、南氏の元教え子。

2015年2月発売のスマートコード収納TANGLESS( タングレス)。
充電コードやイヤホンコードを絡めず、手軽に収納し、長さの調整なども可能。

アートディレクターのゴトウシュウ氏と立ち上げた共同自社ブランドARLEQUIN(アルルカン)より発売中の商品。ハイブリッドレザーを使い、無縫製の接着構造で製造したシームレスな革小物類。

南氏が参加するデザインプロデュース集団Iroyori の第1弾商品
「FUJIYAMA BROOCH」。BEAMS や日本百貨店、神戸市立博物館や上野の森美術館で販売中。

南 大成の写真

ーご利用の料金プランは何ですか?

デスクプランです。 1 週間に2~3日通っています。  

ーどのようなお仕事をされていますか?

プロダクトデザイナーという仕事をしています。簡単に言うと、モノづくりですが、自分の好きなモノを作るのではなく、クライアントの要望や技術を聞き出し、マーケットの中の特定のユーザへ向けて、製造方法や価格や素材などを意識しながら、色やカタチで商品の表現をするシゴトです。  

ーシゴトバをどのように利用していますか?

シゴト柄、商品サンプルや試作など、荷物が多いので、ロッカーなどの収納が豊富なブースプランを利用しています。その他、打合せスペースで打合せをしますし、終電に乗り遅れた際は、泊まりで朝まで仕事をしたりします。(デスクプランとブースプランは24 時間利用可能。)  

ーなぜシゴトバを選ばれたのですか?

以前は自宅兼事務所で作業していましたが、子供が産まれたのと、社員を雇うタイミングが重なり、パブリックなスペースが必要になったからです。人とのネットワークが欲しかったこともあり、シェアオフィスやコワーキング施設をメインで検討したのですが、シゴトバが立地面、価格面で一番コストパフォーマンスが高いと感じたからです。何より、仕事に集中するうえで一番大切だと考えていた運営面は、同ビル内にある管理会社の元林が担当して下さるので、こちらの細かな要望にまで、迅速丁寧に応えて下さいます。  

ーシゴトバの好きなところやサービスがありますか?

常にヒトが居て、煩わしくない程度にガヤガヤしているところです。僕はブース会員なので、その日の気分によって仕事をする場所を変えたりしています。例えば、適度にリラックスしながら集中したいアイデア出しの際は、フリースペースで。事務処理は、ブース内で。社員との内密な打合せはデスクスペースで。という感じです。デザイン好きにはたまらないデザイナーズチェアなんかが、サラリと置いてあるのも良くて、気分によって座る椅子も変えます。  

ーシゴトバで改善して欲しい点はありますか?

個人的にシゴトバ事務局の松浪さんとも仲良くして頂いているので、不満があればすぐに言って( 笑)、改善して頂けてるので特にないです。 いや、思い出しました(笑)。 打合せスペースで声が反響しすぎて、打合せに集中出来ないです。   シゴトバ:ご指摘頂いた内容を検討した結果、打合せスペースの一部にカーペットを敷き、吸音効果を高めたので、以前よりは反響しなくなりました。  

ー現在お困りのことなどありますか?

実は、本業の請け仕事のほかに、合同会社を立ちあげ、企画・デザイン・製造・販売までしているのですが、倉庫と受注~発送業務に困っています。先日、同じシゴトバの鈴木さんが、元林さんの流通経路を利用されているとお聞きしたので、当社も一度ご相談しようかと考えています。  

ー今後はどのように活動されますか?

これまで通り、請けのシゴトも継続していきますが、将来的には自社ブランドだけでも食べていけるように、ブランドを育てていきたいですね。現段階では、ブランドを広く認知させることが必要なので、100均商品やオロビアンコ商品の販売経験が豊富な元林さんに販路のご相談などもしていきたいと考えています。