1. 大阪のシェアオフィスならシゴトバBASEのホーム > 
  2. USER > 
  3. 齋藤 徹

USER

齋藤 徹の写真

個人事業主が求めている、家族的なあたたかさが良いなと感じています。

齋藤 徹|TETSU SAITO
合同会社スナフキン

北海道出身
2008年早稲田大学政治経済学部卒業
住友商事株式会社で東京、大阪に勤務
2016年に独立し、飲食店経営や産地直送、輸出業など食の分野で総合的なビジネスを展開

ーご利用の料金プランは何ですか?

フリープランを利用しています。 週に4・5回程度利用しています。

 

ーどのようなお仕事をされていますか?

日本の地方の食材を国内の都市部や海外に販売・産地直送という仕事をしています。お客さんは飲食店や個人の方々がメインです。 生活(衣食住)に関わっていて、人の役に立つこと。そして大企業が出来ないような仕事を企画することがミッションと思っています。 今は食材の仕事はもちろん、地方の民泊事業の企画や料理人の出張サービスの運営などもしています。

 

ー独立のきっかけは何ですか?

東京で総合商社に就職したのですが、元々が田舎者だからか、大都会での大きすぎる商売に翻弄されてしまったのか、毎日とても疲れていました。 その後大阪に転勤となり、もともと料理が好きということもあり、田舎の生産地を回って食材を探すことが増え、そこで話す生産者の方々が自分の商品に自信を持ち、輝いて仕事をしているのを見て、自分も好きな食の世界で起業したいという気持ちが日々大きくなりました。そこで東京の本社に戻るタイミングで退職、独立しています。 一番最初は小さな飲食店を始めたのですが、どんどん取り組みの幅が広がってきて、今は各地を回って色々な仕事を企画しています。  

ーシゴトバをどのように利用していますか?

いわゆるオフィスにおける作業全般をしています。 打ち合わせにも利用しています。  

ーなぜシゴトバを選ばれたのですか?

決め手は自宅から近いということとシゴトバの雰囲気、会員同士のつながりですね。 アットホームな感じがいいですね。

ーシゴトバの好きなところやサービスがありますか?

インフルエンザの予防接種ですかね。 このお知らせメールが来たときは気にかけてくれているのだなと思いました。 個人事業主が求めている、家族的なあたたかさが良いなと感じています。  

ーシゴトバで改善して欲しい点はありますか?

他のシェアオフィスにないようなことがあればと思うので、昼食の時に健康的なご飯とお味噌汁の提供があったらどうかなと思ったことがあります。コンビニで済ませている人を見ると心配になります。仕事をするためには食が基本だと思うので。 改善して欲しいことは特にありません。  

ー現在お困りのことなどありますか?

国内の仕事として、今後関西圏の飲食店とのつながりを増やしていくつもりなので、会員様の中で紹介頂けたら嬉しいです。

ー今後はどのように活動されますか?

食の切り口でどこまで新しいことが出来るか、やれるところまでやってみようと思っています。場所にしばられずに出来る仕事なので、個人が自由に仕事ができるシェアオフィスはとても良いと思います。